Level 1 第6課

ようやく1週間遅れで第6課に入りました。

通信講座のテキストだけなら遅れないんですが、
市販テキストの内容が意外と難しくて。

1日で一つのユニットを終える目安になっていますが、
それだけではとても覚えられませんので、
どうしても2日かかってしまいます。

で、いつも通り確認テストから。
発音は今回から「単語」の発音になりました。

5課では、2音節の単語を練習しましたので。

自分の発音を録音したのですが・・・
発音は本当に難しいです。

聞き取りも今回から「訓練」になり、
どの単語を発音したのか?に変わりました。

これは何とか全問正解でした。

数字の聞き取りは1問だけ間違えました。

確認テストも変わり、市販テキストの内容からも、
出題されることに。

日本語に当てはまる中国語の単語とピンイン、
日本語の文章を中国語の文章にする、というものです。

こちらはイマイチでした・・・

今回のテキストは「不」「一」の声調変化、
連続する第三声の声調変化。

法則があるみたいなので、慣れるしかありませんね。

課題として発音があるのですが、
目安として書いてある時間では到底終わりません。

例えば、子音+母音の全部をシャドーイングしたり、
自分で発音したりする目安の時間が約60分。

でも、実際に練習してみると120分くらいかかります。
目安の時間に近づける方法がさっぱり分かりません。

市販テキストの方は、文章を書きながら喋ると、
頭に残る部分が多いように感じていますので、
しばらくはこの方法で進めようかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする